TOP > blog > UV転写シートで点字印刷 (2)
シール
2019/06/23

UV転写シートで点字印刷 (2)

管理者用
blog

お客様から、それ点字も印刷できるんじゃないの--
と言われて、・・・・かもね!
と答えた。

知識 ゼロ・・・・!

UVインクジェットプリンターで、点字シートを作成が出来るかスタートした。

そして、点字のフォントを作成したら、公開しますとお話ししました。

点字フォント

フォントは作りました。

当然、インデザインを使用して、画像で円を描くよりよっぽど使い勝手が良いのです。

しかし、判って来ると、世の中の事も見えてきます。
私のフォントより、よっぽど良いフォントが無償で提供されているのです。

 

 墨点字フォント とありました。

 墨点字フォント を無償提供  URL: http://www.lighthouse.or.jp/tecti/tecti/br-font.html

私のは、没にします。

読み言葉への変換

文を点字にするには、ひらがななどの読み言葉に変換する必要があります。

この部分は、人間形で行うしかないと思っておりました。
しかし、この部分も、無償のアプリがリリースされておりました。
改めて、ネットのすごさに感心したしだいです。

そのソフトは、”ibukiTenC”

国立大学法人岐阜大学(工学部応用情報学科池田研究室)で開発した自動点字翻訳編集システム・・とありました。

URL: https://www.mat.info.gifu-u.ac.jp/ikd/ibukiTenC/download_user.html

”ibukiTenC”を使用した、翻訳の例を紹介します。


 基の文

接着が不可能といわれたポリエチレン、フッ素樹脂をはじめ、→ポリプロピレン、シリコーンゴム←は、 1987年開発のポリアセタール樹脂等の接着性を大幅に改善したシアノボンド専用表面処理剤です。 変性ポリオレフィン樹脂水性分散体「アローベース」の⇔中でも、 難接着材料として有名なポリプロピレン(PP)との密着性に特化した銘柄を450件ほどご紹介します。 これらはPPのみならず、種々の基材(樹脂基材、金属基材など)とも良好な密着性、接着性を発現します。 従来のアローベース同様、環境対応(非塩素系、BTXフリー)、乳化剤不使用という点も特徴となっています。


 翻訳された文 

せっちゃくが ふかのーと いわれた ぽりえちれん、 ふっそ じゅしを はじめ、 → ぽりぷろぴれん、 しりこーんごむ← は、  数1987ねん かいはつの ぽりあせたーる じゅしなどの せっちゃくせいを おおはばに かいぜん した しあのぼんど せんよー ひょーめん しょりざいです。   へんせい ぽりおれふぃん じゅし すいせい ぶんさんたい 「あろーべーす」の ⇔ なかでも、  なんせっちゃく ざいりょーと して ゆーめいな ぽりぷろぴれん(外大大PP)との みっちゃくせいに とく かした めいがらを 数450けんほど ごしょーかい します。   これらわ 外大大PP のみならず、 しゅじゅの もとざい(じゅしき ざい、 きんぞくきざいなど)とも りょーこーな みっちゃくせい、 せっちゃくせいを はつげん します。   じゅーらいの あろーべーす どーよー、 かんきょー たいおー(ひ えんそけい、 外大大BTX ふりー)、 にゅーかざい ふしよーと いう てんも とくちょーと なって います。  


点字データへの変換 

先の翻訳された文から、黒点字フォントで 点字表示するには、最終的な点字データに変換する必要があります。

”ibukiTenC” でも出来るのですが、出力結果を操作する方法が見つかりませんでしたので、
前回、エクセルVBAで作成しておいたスクリプトをVBSに書き直し、使用する事にしました。
翻訳したファイルから、黒点字フォントを利用する最終点字データへの変換スクリプトを作りました。


 これが最終、変換データです。フォントを 黒点字 に変更すると、点字として使用出来ます。

せっ拗タク濁カ フかのート いわれた 半ホリえチれん、 フっそ 小スシを は濁シめ、  --→  半ホリ半フろ半ヒれん、 シリこーん濁コむ ←--  は、  数1987ねん かいはツの 半ホリあせたーる 小スシな濁トの せっ拗タクせいを おおは濁ハニ かい濁セん シた シあの濁ホん濁ト せんよー 拗ホーめん 拗ソリ濁サい濁テす。   へんせい 半ホリおれ?ヒん 小スシ すいせい 濁フんさんたい 「あろー濁ヘーす」の  ←--→  なか濁テも、  なんせっ拗タク 濁サい拗ロート シテ ゆーめいな 半ホリ半フろ半ヒれん(外大大PP)トの ミっ拗タクせいニ トク かシた めい濁カらを 数450けんほ濁ト 濁コ拗ソーかい シます。   これらわ 外大大PP のミなら濁ス、 拗ス小スの もト濁サい(小スシキ 濁サい、 キん濁ソクキ濁サいな濁ト)トも 拗ローこーな ミっ拗タクせい、 せっ拗タクせいを はツ濁ケん シます。   小スーらいの あろー濁ヘーす 濁トーよー、 かん拗コー たいおー(ヒ えんそけい、 外大大BTX フリー)、 拗ヌーか濁サい フシよート いウ テんも トク拗トート なっテ います。

 フォントを 黒点字 に変更した結果

 

このデータを、UVプリンターなどで厚盛印刷する事により、点字として使用できるのです。


点字データへの変換処理スクリプトダウンロード

点字データへの変換処理用の vbsは、ここからダウンロードできます。 

スクリプトのダウンロード   ⇒ tenji_prDATA.zip   

 ダウンロード、解凍した tenji_prDATA.txt  ファイルの

拡張子を .txt から .exe に変更して使用してください。


点字データ作成までの流れ

全体の流れをまとめておきます。

・ 黒点字フォントをインストールします。

 ・ ibukiTenC アプリをダウンロード、インストールします。

 ・ 私の tenji_prDATA.exe ファイルをディスクトップ上にコピーしておきます。
    .vbsファイルをEXEファイルに変換したものです。

 

 

・点字にしたい文をテキストファイルで用意します。

 ・ibukiTenC を開き、点字にしたいファイルを指定して、

  出力コードを 点字かな表記(kana)を選択

  出力先ファイルを指定して

  点訳実行 ボタンをオン

・Xxxx.kana ファイルが作成されます。

 ・Xxxx.kana ファイルを、tenji_prDATA.vbs アイコンにドラッグします。

・メッセージが表示されましたら OK で次へ

・ Xxxxkana_OUT.txt ファイルが生成されます。

 ・ワード等にコピーして、文字フォントを黒点字に変更します。

 ・フォントサイズは、17ポイント 程度が、規格にあたります。

・このファイルをUV転写プリンターでいんさつ、UV転写シートを作成します。

 

以上

スクリプトは、まだ完全とは言えないかもしれませんので、使う方は自己責任で使用してください。

 

 

関連記事