TOP > blog > 第2部、第1課 縦書きの宛名どうする
宛名印刷
2018/09/18

第2部、第1課 縦書きの宛名どうする

管理者用
blog

今日は、宛名印刷における、データ変換の話です。

宛名のレイアウト時、アラビア数字の取扱に未だに悩んでいます。

縦書きレイアウトの場合、住所部分は、1→一、2→二・・・・9→九 
・・・・1丁目1番地は、一丁目一番地に変換します。

住所部分は、問題になりませんが、部や課のセクションの場合は、ちょっと違って来ます。

入稿される住所データは、エクセル等表データですが、横書きに整理されています。
数字は、アラビア数字を使用している事の方が多いでしょう。

宛名レイアウトを行う時、当然のように漢数字に変換を行います。

  

 でも、それはやってはいけない事なのです。

私は、当然のように、漢数字に変換してました。
だいぶ古い時期に、あるお客様に指摘されたのです。

会社によって正式は表記があるのです。

縦書き、横書きにかかわらず決まっているとの事でした。

それ以来、入稿のデータをそのまま使うことにしてます。

 

 

 以上

でも、いまだにすっきりしないのです。

 

 

関連記事