TOP > blog > UV転写シートの使用事例と問題対策
インレタ
2019/09/07

UV転写シートの使用事例と問題対策

管理者用
blog

転写印刷で一番知りたいのは、印刷の結果において、その耐久性・堅牢さだと思います。

そんな事もあって、多くのテストを行って来ました。
私自身が実際に使ったりして評価を行っているものもあります。

今日は、この中で私の財布について紹介します。

これは、安い革の財布を購入し転写印刷したものです。

 


こちらの画像は、購入後、3か月ほど過ぎたものです。
ズボンの後ろのポケットに入れて使用してます。

 

 

 

 

ヒビ割れの問題

 3か月経った、私の財布・・・・・どうでしょうか
          風神の風袋にヒビが見られます。

 

風神・雷神の表面をクリアインクで覆って作った転写シートです。
弊社では、このクリアインクに、固いインクを使用してます。
したがって、折り曲げに対して柔軟性が少なく、インクが割れる(ヒビが入る)事が考えられます。
その変わり、クリアインクによるコーティングの効果が高くなります。
折り曲げなどが少ないものに対しては有効です。

こちらの画像は、風神・雷神の面の反対側に転写印刷したものです。

 

 

こちらは、転写印刷した時にヒビが入ってましたが、そのヒビが増えているように見えます。
また、ヒビの幅も広がった感じがします。
・・・・この後、どこまで破損して行くのか興味あります。

以上、ひび割れに対しては、対応策はなさそうです。
折り曲げが起こるような場所への転写は、ひび割れが有るお言う事を認識して使用しましょう。


剥がれの問題

雷神の連太鼓が、ところどころ無くなっております。
最初から想像出来てはおりましたが、少しずつ消えていきました。
それに比べ、風神の方はほとんど問題ありません。

 

  

強力な糊を使用しているのですが、糊の面積が小さい部分は、どうしても弱くなります。

次の雷神の版を見てください。
右側の版は、クリアインクの版です。
左の雷神の上に、コーティングしますが、連太鼓は1mm程度の細いものです。

 次の図は、クリアインクの版を工夫してます。
蓮太鼓の隙間を埋めて、雷神と一体化させて、転写の面積を広げました。
これで問題解消です。

 

 細い文字なども、工夫が必要です。

 

 

関連記事