転写方法

TOP > サービス内容 > 転写シート > 転写方法

1、脱脂処理 重要

 

貼る側の表面は綺麗にしてください。

手油などは、アルコールなどで拭き取ると良いでしょう。

2、台紙を剥がす

転写シートの台紙を剥がす際、台紙側をめくるように行います。



 フイルム側をめくるようにすると、インクが割れる場合がありますので

 台紙側をめくるように剥がすようにして下さい。







  剥がしたフイルムは、薄いため、静電気や空気の流れなどの影響を受けやすく注意が必要です。

  意に反して、周りの物に持っていかれ貼りつく場合がありますので、気を付けてください。

マスキングテープを使用して剥がす

 台紙とフイルムを剥がす作業において、台紙とフイルムの分離で時間を費やす場合があります。

慣れるとそれほど問題にならないのですが、それでも数量が多くなると大変です。
このような場合、マスキングテープなどを使用すると容易に進める事ができます。

フフイルム側にマスキングテープ貼り、分離の助けとします。

また、マスキングテープを貼った事により、薄いフイルムを厚く補強した効果もあり、転写作業がやりやすくなります。



3、転写位置にフイルムを貼る

  台紙から剥がしたフイルム(絵柄)を転写したい位置に貼ります。

  空気などの気泡が残らないように、端から押さえつけるように貼って行きます。

  大きいものは、スキージーなどを使うと良いでしょう。

  薄いフイルムのため、静電気や空気の流れなどの影響に注意が必要です。

  意に反して、転写位置とは別の所に持って行かれる場合があります。

  気を付けてください。





 

位置を決める

  転写したい位置に貼りたい場合、マスキングテープなどを使用すると便利です。

 

















4、こする

  貼ったフイルムをさらに押さえつけて行きます。

  スキージーなどを使って、こすって行くと良いでしょう。

  小さいものは、指やツメ、コインなどを使っても良いと思います。





リベットブラシ

強く貼り付ける際に、スキージーなどを使う事をお勧めしてますが、リベットブラシを使用するのも有効です。


リベットブラシ(左)






5、はがす

  フイルムを剥がします。

  剥がす方向は、上ではなく、

  剥がして行く方向に鋭角な角度で剥がして行きます。

  貼り付きが悪く、絵柄がフイルムに残る場合には、剥がす方向を変え、反対側から行います。





 



6、使用に1日置く事

フイルムを剥がした時、糊が、転写対象物側に残る場合があります。
薄めたアルコール等で、ふき取ると綺麗にとれます。

また、剥がした後は、一日ほどおいてください。



 



7、完成例

木材の例


ガラスの例