厚物ダイレクトプリント

TOP > サービス内容 > 厚物ダイレクトプリント

立体物や厚い物、固い物などに直接印刷いたします。

フラットヘッド型のインクジェットプリンターでの印刷サービスです。
鉄やステンレス・アルミなどの金属やアクリル・塩ビなどのプラスチック、木材など様々な素材に印刷します。

小ロットでの対応となりますが、シルク印刷並みの堅牢さとシルク印刷では、難しかったCMYKのフルカラーでの印刷が可能です。

各種イベントや式典などの記念品や贈り物用などのノベルティーグッズや工業製品への直接印刷致します。

UV転写シートと合わせてご利用下さい。


印刷機仕様

厚物プリントで使用する印刷機の仕様

フラットヘッド型UVインクジェットプリンター

印刷可能範囲 A2サイズ
       厚さ
150mm程度までの立体物に印刷可能
       凹凸 5mm 程度まで対応可

 

インクセットUV硬化インク
       弊社で使用するインクセットは、硬い仕様のものを
        使用してます。

     ・CMYK の4

     ・白     下地用にも使用     

     ・クリア   透明インク

            硬化すると硬度が高くなります。
            逆に、伸縮性はありません。

     ・プラーマ― インクの密着度を上げる

            材質によっては、必要不可欠なインク。

 

こんなものに印刷出来ます

印刷可能なものをまとめます


形状

フラットな台に印刷面をフラットに固定出来る形状の物。

A2サイズまでとなりますが、セットして固定するための治具などのエリアも含んだサイズです。

印刷するフラット面の凹凸は、1~2mm程度は問題ありません。
それ以上になると、解像度など印刷品質が低下します。


材質

殆どの物に印刷可能

  • アルミ
  • ステンレス
  • プラスチックス
  • ガラス
  • 陶器

不得意なものも参照してください。

不得意なもの


折・曲げに注意!
クリアインクが固い為、曲げなどに弱く、インクが割れる場合があります。
布や紙などで、折ったり、曲げたり・伸ばしたりするような使い方をするものは避けた方が良いでしょう。

布などでも、インクを吸い込む材質のものは、クリアインクを使用しない方法もあります。

撥水性能の高いものには弱い!

撥水性能が強い、シリコン樹脂やフッ素樹脂は、事前にテストしておく必要はあります。
また、撥水処理がされているものは、密着性が悪くプライマー処理をしてもはじかれてしまう場合があります。

このようなものは、やはり事前のチェックが必要です。


料金について

原則、その都度の見積もりとなります。

料金の価格構要素は、以下の内容になります。

・固定治具の作成
 一品づつ印刷、複数の同時し印刷、継続的に発生などによって変わります。

・配置作業
 印刷毎の物品の配置セットの料金です。
 
・印刷料金
 印刷料金は、インクの使用料や時間などを考慮して算出します。

・送料
 宅配を基本としております。

・DTP作業料金
 完成データでの入稿の場合は、発生しません。
 ラフ原稿から、印刷出来るデータを作成する場合に発生します。
 
・材料
 基本的には、材料の持ち込み対応となります。

 必要数に予備をプラスしていただく事をご了解ください。
 なお、場合によっては、当社が仕入れる事も可能なケースもありますので、ご相談ください。

標準メニューを設けている物に対しての料金は、次項を参照ください。


厚物印刷 標準メニュー

どんな物でも直接印刷出来ると言う事で、お受けしてまいります。
また、厚物印刷による、印刷品目を標準メニューとして用意していきます。
今後も、幅を広げていきますのでよろしくお願いいたします。

・キャンバス
  油絵用のキャンバスに直接印刷いたします。
   詳しくは キャンバスプリント へ

・タイル
  タイルに直接印刷します。
   詳しくは タイルプリント へ

・ゴルフボール
  ゴルフボールは、お客様持ち込みのボールに印刷します。
    詳しくは ゴルフボールプリント へ