TOP > blog > トンボ作成ツール(インデザイン)
インデザイン
2018/07/03

トンボ作成ツール(インデザイン)

管理者用
blog

インデザインのデータにトンボを付けたい場合どうしてますか。
私は、イラストレータなどでトンボファイルを作成して貼り付けてます。

イラストレータでトンボ付けるって結構面倒なんです。
皆さんはどうしているのでしょうか、良い方法があれば知りたいと思ってます。
そこで、インデザインでトンボを描けば良いと言う事になりました。

インデザインで図形が描ければ、トンボも容易に描く事が出来ます。
それも、スクリプトを使って自動化出来れば作業効率アップ、便利になります。

そんな事があって、インデザインスクリプトで図形の描く事にチャレンジしました。
結果、この三栄NAVIの中で、図形の描き方やトンボを描くVBSスクリプトまで紹介しました。

作成したトンボ描きスクリプトを以前から使っていた 中綴じ面付けスクリプトやPDFファイル取り込みスクリプトに、組み込みました。
これが、結構使えるのです。
この件につきましては、後日紹介したいと思います。

今回は、その中のトンボだけの部分を抜き出して一つのツールとしました。
興味のある方は使って見てください。
また、エクセルVBAの簡単なスクリプトで書いていますので、自分なりに変えて利用していただければ幸いです。

使い方

エクセルファイルを開くと、次の表が表示されます。

(1)面付けする版のサイズを選択
   右の表から選択(クリック)、表に無いものは、表に追加

(2)サイズを横向き/縦向き指定

(3)面付け方向に対し何面にするか指定

(4)ドブ 面付けの行間の指定

(5)面付けスタート インデザインが開いてトンボを作成

 

 トンボが作成されています

名刺サイズでの例
名刺台紙91×55mmに設定
縦に5面、横に2面、ドブはそれぞれ3mmと10mmに設定

 

 

サンプルスクリプト

⇒ エクセルファイルは、ここ からダウンロードしてください。

ファイル展開後、.txt を .xlsに変えて、エクセルで開いてください。

使用にあたっては、自己責任で行ってください、。

なお、インデザインのバージョンによって、インデザイン起動の部分を書き換えて使用。

Set myInDesign = CreateObject("InDesign.Application") 'インデザインを起動する
Set myInDesign = CreateObject("InDesign.Application.CC_J") 'インデザインを起動する
Set myInDesign = CreateObject("InDesign.Application.CS6_J")'インデザインを起動する
Set myInDesign = CreateObject("InDesign.Application.CS2_J")'インデザインを起動する

さらに、VBAの参照設定において、使用する Libraryを合わせてください。

以上

 

関連記事