TOP > blog > インデザインにエクセルの表を取り込む
インデザイン
2018/04/18

インデザインにエクセルの表を取り込む

管理者用
blog

知り合いの同業者さん方から、インデザインにある宿泊施設の住所リストのレイアウトについて相談を受けました。
リスト部分は、エクセルで出来上がっています。
単純に、コピーペーストで済みそうですが、相談と言う事は、色々問題があるのかもしれません。
そういえば、私も困った事を経験してます。
そこで、インデザインでの表レイアウトについてまとめてみました。


インデザインで表をレイアウトする方法には、いくつかありそうです。

罫線で表を描く方法は、イラストレータで表をレイアウトするやり方と同じです。
罫線を使って書かれた表をバックに、その上に、テキストフレーム合わせて配置する。
一番単純な方法です。
私も、良く使います。

エクセルで表が出来ているのですから、表をコピー&ペースト出来れば最高ですよね。
今のインデザインは、簡単に出来るんです。

エクセルのデータをコピー&ペーストは出来るのですが、コピペに二つのモードが有る事を忘れている方が多いのです。

インデザインの環境設定の中のクリップボードの処理の項目をチェックしてください。

[編集]⇒ [環境設定]⇒[クリップボードの処理]
⇒ 「他のアプリケーションからテキストおよび表のペースト」
   ペースト:
    すべての情報
    テキストのみ

 

 

これがどちらかによって、
コピペの内容が違ってくるのです。

すべての情報 に設定している場合、エクセルの表データがそのままインデザインの表組の形にペーストしてくれます。
表を自動的に作ってくれるのです。

 

テキストのみ に設定している場合は、表組は行われず、テキストのみをペーストします。

インデザインで表を作っておいて、そこに、エクセルの表をペーストする場合は、こちらのモードが便利です。

 インデザインで作成してる、表組に相対するセルにエクセルのテキストデータをコピーします。

 

すべての情報 のモードで、表組が行われても、結局、表の幅や高さ・・・・等、多くの項目を設定、調整を行う事となります。

テキストのみ のモードで使用するケースが多いようです。

便利だなー と思うのは、2~3行の表のテンプレートを作っておいて、エクセルからテンプレート以上の
行のデータをコピペした場合にも自動で行を増やしてくれます。

最後に、ペーストする時の注意!!
エクセルの表をインデザインにコピペする場合、どこにペーストするか確実な操作を行う必要があります。
表に取り込む場合、セル又は表を選択してペーストしてください。
セルが選択されていない場合、カーソルの位置にペーストされます。

実際に、条件を変えてコピペを試して見てください。

 

 

 

関連記事