TOP > blog > PHTSHOPで .gif 動画を作る
パソコン
2018/03/07

PHTSHOPで .gif 動画を作る

管理者用
blog

先日のWebページに、Word自動組版の実行過程の様子をGIF動画で載せました。
これが、思ったより、良い感じに見えました。

Webに動画を取り入れる事を考えた事は有りませんでした。
個人的には、外で撮った鳥などの動画をYouTnbeに投稿はしてます。
しかし、Webページに、動画を取り入れるのは、大変な作業のように思います。

先日、Wordを使った名刺レイアウトの自動化を記事にすた時、動画を思いついたのです。

Wordで名刺のレイアウトをVBSで自動化しました。

結果のWord画面から、 戻る をクリックすると
スクリプトで自動化した手順を1ステップ毎に戻って行く事に気が付いたのです。

そこで、GIF動画にすることを思いついたわけです。
戻って行く場面ごとに、画面を画像として保存、そしてGIF動画を作りました。

その動画を見ると、自動化がリアルに伝わる・・・自分も自動化を・・・
などと・・・・思うのでは・・動画の効果は・・・・・・

 http://www.sanei-print.co.jp/blog/2018/03/02/268

 それでは、フォトショップを使用したGIF動画の作り方を紹介します。

ー目 次ー

1.画像を用意
2.画像ファイルを取り込む
3.画像をフレーム取り込む
4.フレームの設定
5.gifファイルへの書き出し
6.gif動画 事例

 

1.画像を用意

今回は、先週末に撮った、モズの飛び出しの連続写真です

2.画像ファイルを取り込む

フォトショップ を開き

[ファイル] ⇒ [スクリプト] ⇒ [ファイルをレイヤーとして読込]

レイヤーを読み込む ダイアログにお表示

[参照]⇒ から、動画となるファイルを選択 ⇒[OK]

 

レイヤーに画像が取り込まれました

3.画像をフレーム取り込む

タイムライン ウインドウが表示している事を確認してください。
もし、表示してない場合は、 [ウィンドウ] ⇒ [タイムライン]

で、下側に タイムライン ウィンドウ が表示します。

タイムライン ウィンドウ 中央付近の [フレームアニメーションを作成] をクリック

⇒ タイムラインに1つのフレームが作られます

もし、[ビデオタイムラインを作成]になっている場合は、[フレームアニメーションを作成]に変更してクリック

⇒ タイムライン ウィンドウ の右上のメニュー表示 をクリック

[レイヤーからフレームを作成]

レイヤーに取り込まれていた画像がフレームに追加されました。

再生ボタン 等の操作で 動画を再生する事が出来ます。

 

 

4.フレームの設定

フレームの順番が、逆の場合は、[フレームを入れ替え] 

動画の ループ 設定

タイムラインの時間は、フレーム毎に設定できます。

5.gifファイルへの書き出し

[ファイル] ⇒ [書き出し]⇒ [Web用保存(従来)]

⇒ Web用に保存 ダイアログが表示されます。

画像サイズ 等の設定 ⇒ [保存]⇒ 指定した保存場所に .gif で保存

gif動画を開いても動画として動作しない場合は、Web用のブラザーで開いてください。

 

6.gif動画 サンプル

モズの飛び出し

 

カワセミ飛び出し

ループさせてますが、チョット疲れますね!

 

 

関連記事