TOP > blog > メッセージのバリアブル印刷例
バリアブル印刷
2017/12/26

メッセージのバリアブル印刷例

管理者用
blog

350件ほどのクリスマスカードへのメッセージ印刷をお受けしました。

メッセージは、一人毎に異なる内容で、バリアブル印刷の依頼です。
合わせて、封筒の宛名印刷作業もお受けしました。
メッセージと宛名データは、エクセルデータです。
カードのレイアウトエリアは、固定で決められています。
また、横書きレイアウトです。

メッセージデータは、一人毎に異なる内容との事でしたが、同じ文面の方も有り、何パターンかになっているようです。

通常の場合、同じメッセージの方を数えて、メッセージのパターン分の印刷と言う事で済みそうです。
しかし、あるメッセージは、1枚。また、あるメッセージは5枚。また、30枚など煩雑になるかもしれません。

宛名が印刷されている封筒に、印刷されたメッセージカードを封入して行きます。

この時に、
  ・封筒の宛名印刷をリスト順に出力する。
  ・カードのメッセージをリスト順出力する。
  ・順番に封入していく。

・・・・・と言う事で、作業が容易になるメリットが有るかもしれません。

入稿された350件のエクセルデータは、、宛名の住所データにメッセージ文も含まれてます。
この文を眺めてますと、全て、一行で記述されているようです。
エクセルデータで良く見られる、改行コード(LF)を使っている文はなさそうです。

全体的に、レイアウトエリアに対し、1行で収まる内容の方が多いようですが、
文字数の多いものは、レイアウトエリア一行では、収まりません。

どこかで、改行を行う必要があります。

改行位置をどうするか

メッセージ文を眺めていますと、
メッセージの中に、句読点や!、? 等の約物が見られます。

まず「。」で改行を入れるようにしました。

・・・・・・・ます。2018年も・・・・・・・・・。


   ・・・・・・・ます。
2018年も・・・・・・・・・。


まだ、1行が長いメッセージが有ります。


次は「!」で改行を入れました。

・・・・・・いたします!いつか・・・・・・

・・・・・・いたします!
いつか・・・・・・

英文が含まれる文で長いのが有ります。


「.」で改行を入れました。

・・・・・ wise counsel. 2018年も・・・・・・・・

・・・・・・ur wise counsel.
2018年も・・・・・・・・・

 

全体で、350件 5~6件が、まだ、残っています。
もう、手作業で改行を入れた方が良いようです。

古くから、年賀状で同じような事が出来ないか検討した事が有ります。
入稿データの条件を明確化する事で、自動化も可能なようです。

レイアウトエリアに対し

 ・一行の最大文字数
 ・最大行数
 ・改行位置のを明確化
 ・1行のオーバーフローとなった時の処理

こんな処がルール化出来れば、何とか出来るでしょう。

 

 

 

 

関連記事