TOP > blog > Word差し込み文書の不具合 Accessが原因?
word
2017/09/20

Word差し込み文書の不具合 Accessが原因?

管理者用
blog

以前にワードの差し込み文書機能の中に、カスタマバーコードの生成機能も有るような話はしたような気がします。
実際に確認も行っています。

私の個人的な感想ですが、Wordのカスタマバーコードをどのような方が使用するのだろうかと思うのですが。

使用目的は、郵便代金の割引だと思います。
大量の郵便物を扱う企業の方で、一般個人の方はまず使う事は無いでしょう。
そうすると、印刷屋さんが絡んで来ます。
Wordと言う事から、印刷屋さんでは、使う会社は少ないと思うのですが、どうですか?

Wordのカスタマバーコードの機能の特徴は、コード生成に必要な郵便番号が無くても実行してくれると言う事です。
差し込みの住所データから、郵便番号も割り出しているのでしょう。
住所データに誤りが有ったらどうなるのでしょうか。
当然、コードは生成出来ません。

私も、日本郵便のHPを参行為に、バーコードの生成スクリプトを作ってます。
そして、実際に使用してます。
先日、カスタマバーコードのフォントまで作ってしまいました。
しかし、私のスクリプトでは、郵便番号の間違い、住所の間違いの事は考えてません。
そうです無視しているのです。
郵便屋さんには、申し訳ありませんが、住所リストの内容が間違っていたら、間違ったコードを生成します。

そうすると、Wordのカスタマバーコード生成機能は、優れていると思います。
生成されなかった、リストをチェックする事が出来ます。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、今日お話ししたかった事は、次の事です。

先日、カスタマバーコードを入れた宛名印刷の引き合いが有りました。
残念ながら、受注まで行きませんでした。
この事をきっかけに、カスタマバーコード入りの宛名印刷に、Accssesを使ってた時期が有った事を思い出しました。

使っていたパソコンは、だいぶ古く、処分対象に入っているのです。
しかし、Accessがインストールされており、処分出来ない理由の一つになっていました。

ここで、決断しました。新しくAccessの導入する事にしたのです。

メインのPCには、Officeのホーム&ビジネス2013が入っています。
そこに、Office 2016 Accessをいれました。

これが、間違いだったようです。

Wordの差し込み文書において、エクセルデータを指定する時に、ワードが停止していまうのです。

 

 

「Wordは動作を停止しました 」

あーでもない、こーでもない・・・・・

この問題が、Accessにたどり着くまで・・・・そりゃー大変だったのです。

Accessは、削除しました。

どうしましょうか?

 

関連記事